mignatte

launch
Jun, 2020
client
株式会社ノリオターブル

hearing

フレンチと地元の食材が融合する、本物のお菓子を届けたい

金沢市を拠点にフランス料理店などを展開する「ノリオターブル」。
世界コンクールなど数々の受賞歴のある川本紀男シェフが、
フランス仕込みの本物のお菓子を、気軽に手に取れる形で、
たくさんの人にお届けしたいという想いから、
お菓子のブランド作りが始まりました。
金沢駅という場所で販売できるという立地条件もあったので、
地元の食材を生かし、お土産にもなるキャッチーな要素も盛り込み、
ネーミング、ストーリー、お菓子の味やサイズ感、パッケージ、店舗イメージに至るまで、
一緒に考え、練り上げていきました。

concept

フランス生まれ、金沢でくらす招き猫が目印

金沢のお土産といえば、やっぱり和菓子でしょうか?
そう思いながら金沢駅のお土産売り場に足を踏み入れた方々と、
思わず目が合ってしまう二匹の猫が、なんとも言えない顔でこちらを見ています。

ノリオターブルのこだわりの食材で作るお菓子は、間違いなくどれも美味しいので、
逆にデザインやパッケージでは、安心しておもいっきり楽しめると思いました。
デザインができることの一つとして、
今まで手にとったことのなかった方や、知らなかった方にも、
「かわいい」をきっかけに出会えるチャンスを作れるということがあります。
かわいくて、おいしいは最強のコンビです。

観光できた方にも、地元の人にも、みんなに愛されるよう、
誰かのお気に入りになれるようなブランド作りを目指しました。

output

next case study

index